各務原線遠望-冬

雲流れる冬の各務原線、ワンマン仕様の9500系が行きます。
本当は雪景色を撮りたいのですが自分の行動力ではとても無理なため、にんじん畑にビニールハウス並ぶ画像でお茶を濁します。
9500 20240207 1362・-- 羽場-鵜沼宿
2024年2月7日撮影 1362列車 羽場-鵜沼宿
スポンサーサイト



白金行き

岐阜の600V線廃止直前に撮影した590形。
平日の早朝に運転されていた「希少」な行先だった白金行に充当される591号。
590 20050325 635・591 北一色-野一色
2005年3月25日撮影 635列車・591 北一色-野一色

運転士用タブレット

津島線を行く3500系、何か違和感を感じてよくよく見てみれば運転時刻カードの電子化に伴う運転士用タブレットが実装されていました。
少し見づらいのですが運転士右側の黒く縦長に写っているのが運転士用タブレットです。
3500 20240224 1243・3634 青塚-勝幡
2024年2月24日撮影 1243列車・3634 青塚-勝幡

花の季節

昨年の春、竹鼻線にて撮影。
まだまだ寒い日もあり、花の季節を待ちどおしく思うこの頃です。
1800 20230327 1193・1802 須賀-南宿
2023年3月27日撮影 1193列車・1802 須賀-南宿

夕陽

冬の夕陽に車体を紅く染め上げられ名古屋本線を行く3100系。
更新が進んで赤い3100系も数を減らしてきました。
3100 20240220 1550・3105 妙興寺-島氏永
2024年2月20日撮影 1550列車・3105 妙興寺-島氏永

Simple is Best

1986年に撮影した3800形3833の運転台です。
計器といえば元空気ダメ・ブレーキ管の双針圧力計とブレーキ筒の圧力計しかなく、速度計すらありません。
まさに「Simple is Best」、これ以上削るものが無いような運転台でした。
3800 19860000 1324・3833運転台 国府宮
1986年撮影 --列車・3833運転台

代用運用

6000系ワンマン車の代用で広見線の末端・新可児-御嵩間の運用に就くツーマン仕様の6800系。
時期がら「鉄道の思ひ出展」のイラスト系統板が掲出されているかな…などと思ったのですが残念ながら掲出はありませんでした。
蒲郡・御嵩ワンマン仕様の6000系には予備車がないため検査等で工場に入場する編成があるとツーマン車が代用運用され当然ながら車掌も乗務しています。
6800 20240217 1041・6819 新可児-明智
2024年2月17日撮影 1041列車・6819 新可児-明智

はだか祭の日

本日22日は愛知県稲沢市の尾張大國霊神社・国府宮はだか祭の日、地元ではこの頃が一番寒い頃などと云われますが…暖冬の影響からかそれほどでもないようです。
昔は祭り当日は臨時列車や行先変更列車を多数設定し名鉄上げての大輸送となったこの日も今では快速特急の組成増強程度となりました。
以前は祭開催前からPRイラスト板の掲出もあり季節を感じましたが、最近ではこれも無くなり季節感も薄らぎました。
6000 20120129 1343・6230「はだか祭」 青塚-勝幡
2012年1月29日撮影 1343列車・6230 青塚-勝幡

サクラサク合格祈願列車 2

1月16日の投稿で御紹介した「サクラサク合格祈願」のイラスト板を掲出する3309Fですが豊橋方の別デザインのイラスト板の御紹介を失念しておりました。
豊橋方には桜色の春らしい配色に「桜」と大きく記入されているもので、往年の国鉄-JRの寝台特急「さくら」のヘッドマークを連想してしまいました。

努力が報われすべての方々に「桜」が咲くことを望んでおります。
3300 20240210 1256・3309「サクラサク合格祈願」・ト 新清洲-丸ノ内
2024年2月10日撮影 1256列車・3309 新清洲-丸ノ内

ヨーロピアン

名古屋本線で撮影した普通列車運用に充当される6000系。
6000系の初期車は客用扉の窓が小型で、登場当時は「ヨーロピアン」な香りがするなどと言われたものです。
6000 20240212 1457・6203 国府宮-島氏永
2024年2月12日撮影 1457列車・6203 国府宮-島氏永

100系

朝の犬山線を下る100系、3月のダイヤ改正では昼間を中心に鶴舞線からの相直列車の減便が予定されていて寂しい限りです。
100 20240123 715・144 江南-柏森
2024年月23日撮影 715列車・144 江南-柏森

「加木屋中ノ池駅開業」PRイラスト板

来たる3月16日河和線の高横須賀-南加木屋間に開業する「加木屋中ノ池」駅のPRイラスト板を掲出する6005F。
生憎の曇り空ではありましたが、先ずは撮影してきました。
6000 20240217 1470B・6005「加木屋中ノ池駅開業」 岩倉-大山寺
2024年2月17日撮影 1470B列車・6005 岩倉-大山寺

45年の年つき

1979年に撮影した三河線のHL車、もう記憶も曖昧ですが当時は急行運転もありました。
先日、投稿した「三河知立ありがとうトレイン」りょはっぴ号とほぼ同位置での撮影ですが、歳をとるのは仕方ないとはいえ撮影から45年余りの年つきが経ち愕然としています。
3730 19790520 --・2750 三河知立
1979年5月20日撮影 --列車・2750 三河知立

1000系

名古屋本線、菅生川橋梁を渡る1000系。
まだオリジナルの4両固定編成で活躍していた頃。
1000 20050121 25・1109 東岡崎-岡崎公園前
2005年1月21日撮影 25列車・1109 東岡崎-岡崎公園前

「鉄仮面生誕40周年」記念イラスト板

6501Fに掲出されている「鉄仮面生誕40周年」記念のイラスト板です。
誰が名付けたのか「鉄仮面」、5200-5500-7700-6000と続いてきた正面貫通型に慣れた目に正面非貫通の6500系は自分にはインパクト強すぎの存在でした。
6500 20240213 5282F・6401「鉄仮面生誕40周年」 石仏-岩倉
2024年2月13日撮影 5282F列車・6401 石仏-岩倉

「三河知立ありがとうトレイン」イラスト板

三河知立駅の移設に関連し三河ワンマン車の6037Fと6041Fに「三河知立ありがとうトレイン」ちりゅっぴ号、りょはっぴ号の2種のイラスト板が掲出されています。
6037F、6041F両編成共に、三河ワンマン2両固定編成のため三河線以外の本線系に出てくることが少ないのが残念です。

6037F「りょはっぴ号」
6000 20240212 1266・6237「三河知立ありがとうトレイン」・2 三河知立
2024年2月12日撮影 1266列車・6237 三河知立

6041F「ちりゅっぴ号」
6000 20240212 1267・6041「三河知立ありがとうトレイン」・1 知立
2024年2月12日撮影 1267列車・6041 知立

「歩いて巡拝 知多四国」PRイラスト板

1111Fの岐阜方1511号車に掲出されている「歩いて巡拝 知多四国」のPRイラスト板。
なお、同じイラスト板が1011Fの1411号車にも掲出されています。
1200B 20240210 131・1511「知多四国」 二ツ杁-新川橋
2024年2月10日撮影 131列車・1511 二ツ杁-新川橋

犬山にて

犬山を発車した300系、傍らには布袋への回送と思われる100系も見えます。
共に名古屋市交通局との相互直通運転を果たす車両で、両相直車をひとつの画像に収めることができました。
300 20240207 1134・317 犬山
2024年2月7日撮影 1134列車・317 犬山

変組成 2

昨日の投稿に関連して、時系列的に逆になりますが同じ共用区間で撮影した5200+5500系。
5500系の特別整備の際に見られたの変則4両固定編成です。
5500 19830216 920・5501 下地-船町 ※変組成
1983年2月16日撮影 920列車・5501 下地-船町

変組成

1985年に飯田線との共用区間で撮影した5500系。
7000系特別整備の際に見られた5500系+7000系の変則的な6両固定編成で、名鉄運転部門では「変組成」と呼ばれていたようです。
5500 19850127 1025・5519 船町-下地 ※変組成
1985年1月27日撮影 1025列車・5519 船町-下地

「佐布里池梅まつり」PRイラスト板

6015Fに掲出される佐布里池梅まつりのPRイラスト板。
このところ各種イラスト板の掲出が続き趣味的には嬉しいのですが、反面6000系4両固定編成の退役が進み一般板サイズの板の掲出可能編成が減少している現状を見る時、複雑な気持ちは隠しきれません。
6000 20240207 5380F・6215「佐布里池梅まつり」 善師野-富岡前
2024年2月7日撮影 5380F列車・6215 善師野-富岡前

「鉄道の思ひ出展」イラスト系統板

広見線・新可児-御嵩間の列車に掲出が始まった「鉄道の思ひ出展」のイラスト系統板。
御嵩町が中山道みたけ館で開催する特別展「鉄道の思ひ出展」に名鉄が協力している関係での掲出と思われます。
撮影日は火曜日でしたので懐かしい復刻ツートン塗装の6010Fが運用に就いていました。
6000 20240206 1040「鉄道の思ひ出」・6010 明智-新可児
2024年1¥2月6日撮影 1040列車・6010 明智-新可児

「駅名標マグネット」PRイラスト板

「駅名標マグネット」発売中のPRイラスト板を掲出する9505F。
日没前の雲流れる名古屋本線で撮影しました。
9500 20240206 1612・9505「駅名標マグネット」_3111 島氏永-国府宮
2024年2月6日撮影 1612列車・9505 島氏永-国府宮

寒空

西尾線・米津橋梁を行く6800系の線内ローカル列車。
川面を渡る風が冷たい日でした。
6800 20240202 1050・-- 米津-桜町前
2024年2月2日撮影 1050列車・-- 米津-桜町前

快走

冬の午後、晴れた空のもと快速特急が駆け抜けて行きました。1200A 20240202 142・1016 妙興寺-島氏永
2024年2月2日撮影 142列車・1016 妙興寺-島氏永


離合

運よく金曜日に代休が取れたため以前から狙っていた蒲郡線・三河鳥羽での復刻塗装車の離合を撮りに行ってきました。
天気予報に反して厚い曇り空でしたが何とか撮影することが出来ました。
6000 20240202 1163・6211「西尾と蒲郡のんびり鉄道の旅①」(1260・6210「西尾と蒲郡のんびり鉄道の旅②」 三河鳥羽
2024年2月2日撮影 (右)1163列車・6211 (左)1260列車・6210 三河鳥羽

大江夕景

1984年、夕刻の常滑線大江にて撮影。
築港線夜の運転のため留置線から出てきた3790形と側線のデキ600を冬の夕陽が包みます。
3790 19840221 126・2791 大江
1984年2月21日撮影 126列車・2791 大江

SETOSEN ART GALLERY TRAIN

瀬戸線沿線アートギャラリー化プロジェクトの一環として名鉄瀬戸線アートコンテストで選ばれた作品が4008F車内に展示され「SETOSEN ART GALLERY TRAIN」として運行されています。
栄町方・瀬戸方先頭車の車掌側に微妙に異なるデザインのイラスト板が掲出されていますが、カラーガラスの内側掲出で青色基調の板であるため見難いのが少々残念です。

栄町方
4000 20240201 1158・4108「SETOSEN ART GALLERY TRAIN」・サ 清水-東大手
2024年2月1日撮影 1158列車・4108 清水-東大手

瀬戸方
4000 20240201 1257・4008「SETOSEN ART GALLERY TRAIN」・セ 東大手-清水
2024年2月1日撮影 1257列車・4008 東大手-清水

4000 20240201 1151・4158「SETOSEN ART GALLERY TRAIN」 矢田
2024年2月1日撮影 1151列車・4158 矢田

雪の日

当地にとっては久しぶりの雪となった日。
運休・遅延はあったものの列車は坦々と輸送の使命を果たすべく運行されていました。
6800 20240124 1555・6938 国府宮-島氏永
2024年1月24日撮影 1555列車・6938 国府宮-島氏永

プロフィール

kumapu9999

Author:kumapu9999
今まで撮影してきた名鉄電車の記録です。
勝手ながら画像の無断転用は固くお断りいたします。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR