2020.05-線路切替試運転

犬山線布袋駅の下り線が29日の終列車後に高架線側に切り替えられました。

線路切替後の試運転列車は上下共100系で柏森と岩倉の100系停泊車を差し替える形で運用され、他に岩倉-布袋間に1本運転されています。

上り線は2017年6月に切り替えが完了しており、これで布袋駅付近の高架化工事は付帯工事を残すのみとなりました。


100 20200530 試3・146 江南-布袋 ※高架化下り本線切替試運転

2020年5月30日撮影 --列車・146 布袋-江南

スポンサーサイト



2020.05-水鏡 3

名古屋本線の黒田-木曽川堤間、こちらの田圃にも水が張られたので撮影に行ってきました。

水鏡狙いか同好の方々も見えましたが水面の状態から田圃一枚さがって撮影。

水鏡には新鋭のステンレス車より赤や白の車体の方が映える気がします。


3500 20200529 626F・3511 木曽川堤-黒田

2020年5月29日撮影 626F列車・3511 木曽川堤-黒田


2000 20200529 4・2004_2005 木曽川堤-黒田

2020年5月29日撮影 4列車・2004+2005 木曽川堤-黒田

2020.05-緑の築堤

皐月の風渡る緑の築堤。

暦のうえでは立夏、爽やかな風と緑に包まれる頃に撮影した一枚です。


2200 20200518 82・2211_3118 男川-美合

2020年5月18日撮影 82列車・2211+3118 男川-美合

2014.06-夕暮れ時

夕暮れ時の名古屋本線、ほんのり車体を染めてミュースカイ快走。


2000 20140615 41・2107 国府宮-島氏永

2014年6月15日撮影 41列車・2107 国府宮-島氏永

1982.08-新一宮

1982年に撮影した高架化前、地平時代の新一宮(現・名鉄一宮)を発車した5500系の急行。

新一宮駅名古屋方にあった跨線橋からの撮影で子供の頃から見ていた光景ですが高架化により一変してしまいました。


5500 19820812 912・-- 新一宮

1982年8月12日撮影 912列車・-- 新一宮

2008.05-一枚の写真から

2008年、小雨降る日本モンキーパーク内を行くモノレール。

娘と参加した会社の文体行事の際に撮影したもので、その娘も今は二児の親となりました。

月日が経つのは早いものです。


MRM100 20080531 4313・104 成田山-動物園

2008年5月31日撮影 4313列車・104 成田山-動物園


2020.05-田植えの頃

水鏡狙いで出向いた撮影地でしたが、既に田植えが終わっていました。

雲が多めの空でしたが爽やかな緑のなかを行く列車を見ることができました。


1700 20200524 272・1701 島氏永-国府宮

2020年5月24日撮影 272列車・1701 島氏永-国府宮


1200B 20200524 73・1511 国府宮-島氏永

2020年5月24日撮影 73列車・1511 国府宮-島氏永




2020.05-名古屋本線

初夏を思わせる日差しを受けて列車が行き交います。


2200 20200523 351・2311(1610・--) 黒田-木曽川堤

2020年5月23日撮影 351列車・2311 黒田-木曽川堤

2020.05-緑の小径

五月の風に揺れる緑。

小径の向こうを列車が通り過ぎて行きました。


3500 20200518 792・3523 男川-美合

2020年5月18日撮影 792列車・3523 男川-美合

1984.02-6501+6502F甲種輸送

1984年に三河大塚-三河三谷間で撮影した新造6501F+6502Fの甲種輸送列車です。

ここは名鉄線内ではあまり見ることのできない雄大な光景が好きで、当時は機会があるたびに立ち寄っていました。


EF60 19840206 9761・EF6194-- 三河大塚-三河三谷 ※甲種・名鉄6500EC・6501_6502

1984年2月6日撮影 9761列車・EF6094+名鉄6501F+6502F 三河大塚-三河三谷

2020.05-名市交3153H試運転

今年の1月にも実施された名市交3153Hの電装関連の試運転が再度行われました。

今回も赤池-土橋間での運転で三河線の田園地帯を行く3050系の姿が見られました。


3050 20200518 試13・3853 土橋-上挙母 ※制御装置特性調整に伴う試運転

2020年5月18日撮影 --列車・3853 土橋-上挙母

2020.05-9101F甲種輸送 2

9101Fの甲種輸送で飯田線内を行く姿です。

豊川橋梁で撮影しましたが2両のみの荷は少し寂しい感じがしました。


DE10 20200518 9772・1725愛 下地-船町 ※名鉄9101F

2020年5月18日撮影 9972列車・DE101725+ヨ8450+名鉄9101F 下地-船町


2020.05-9101F甲種輸送

18日、日本車輛豊川製作所で落成した9101Fの甲種輸送が行われました。

新形式となる9100系の第1編成でJR貨物・愛知機関区のDE10 1725が牽引し今回は9101Fのみの輸送でした。


DE10 20200518 --・1725愛 日車専用線 ※名鉄9101F ①


DE10 20200518 --・1725愛 日車専用線 ※名鉄9101F ②

共に 2020年5月18日撮影 DE101725愛+ヨ8450海セイ+名鉄9101F 日車専用線

2008.05-7000系8連

2008年の撮影、平日の朝に見ることが出来た7000系4+4の8連で組成された準急。

堂々とした体躯で犬山橋を渡る姿は魅力的でした。


7000 20080523 884A・7041_7043 新鵜沼

2008年5月23日撮影 884A列車・7041+7043 新鵜沼

1985.11-明智にて

1985年の撮影、明智を発車し八百津へ向かうキハ10。

列車の上の架線に表示された稲妻のような表示は「架線終端標識」で文字通り架線の終端を示す標識で、非電化区間になった八百津線を実感しました。


DC10 19851109 1063D・11 明智-兼山口

1985年11月9日撮影 1063D列車・11 明智-兼山口


2020.05-水鏡 2

この日は早朝から「水鏡」を狙ってサイドからも撮影してみました。

朝日に白い車体が輝いていましたが、まだ水量が少なく草が水面に出ていて今一つでした。


2200 20200514 64・2210 島氏永-国府宮

2020年5月14日撮影 64列車・2210 島氏永-国府宮

2020.05-水鏡

国府宮-島氏永間の一部の田圃に水が張られました。

早速、風のない早朝に水鏡に姿を映す列車を撮影してきました。


1200B 20200514 1116_1807 島氏永-国府宮

2020年5月14日撮影 62列車・1116+1807 島氏永-国府宮


3150 20200514 61・-- 国府宮-島氏永

2020年5月14日撮影 61列車・-- 国府宮-島氏永

2020.05-水入れの頃

いつもの島氏永付近、一部の田圃に水入れが始まりました。

午後の日に煌めく田を見て列車が行き交います。


3100 20200513 1620・3109 島氏永-国府宮

2020年5月13日撮影 1620列車・3109 島氏永-国府宮

1981.11-高速

かつて名鉄には「高速」という独特の列車種別があり、指定席のない特急並みの停車駅の速達列車という位置付けで名古屋本線や犬山-常滑線系統を中心に設定されていました。

名古屋本線系では6000・SR・7000・7500系、犬山-常滑線系では加えて釣掛車であるAL車も充当されていて豪快な力行音に聞き惚れたものです。


5000 19811104 1412・-- 妙興寺-島氏永

1981年11月4日撮影 1412列車・-- 妙興寺-島氏永


850 19811114 5671F・851 西枇杷島

1981年11月14日撮影 5671F列車・851 西枇杷島


2020.05-9505F

まだ営業運用を見ていない9505Fが地元を走るとの知らせを受け撮影に行ってしまいました。

車で出向き三密を避け、マスクを着用し、帰宅後は除菌に注意する窮屈な撮影行でした。


9500 20200511 1422・9505(341・--) 妙興寺-島氏永

2020年5月11日撮影 1422列車・9505 妙興寺-島氏永


2007.05-心のなかで

2007年に撮影した朝の名古屋本線を行く7000系です。

撮影から10年ひと昔以上の年月が経ってしまいましたが、7000系は私の心のなかに息づく名鉄永遠のスター車両です。


7000 20070503 750・7011 島氏永-国府宮

2007年5月3日撮影 750列車・7011 島氏永-国府宮

2019.01-撮影自粛

昨年撮影した定番撮影地「島氏永カーブ」を行く3300系です。

三蜜回避・外出自粛と撮影どころではない状況の続く息が詰まりそうな世ですが、もう少しの辛抱と撮影を自粛しています。


3300 20190120 1512・3308_3152 妙興寺-島氏永

2019年1月20日撮影 1512列車・3308+3152 妙興寺-島氏永


2008.05-春の西尾線

2008年の撮影、水ぬるむ春の矢作川。

西尾線、米津橋梁を行く6500系。


6500 20080527 1143・-- 桜町前-米津

2008年5月27日撮影 1143列車・-- 桜町前-米津

1984.02-デキ602のこと

1984年、6501F+6502F搬入の際に東名古屋港で撮影したデキ602です。

ネガをスキャン後に拡大するとボンネット中央の点検扉取手の右上部に警戒色に塗り潰された車号「602」の「2」が微かに浮かんで見えましたが画像処理後は車体に埋もれてしまいました。


EL600 19840206 --・602_6501_6502 東名古屋港 ①

1984年2月6日撮影 --・602 東名古屋港

2008.05-イベント列車

2008年に運転された「名古屋本線東西直通60周年」の記念列車です。

定期列車に記念イラスト板を掲出しての運行で大変な混雑だったのを覚えています。


7000 20080517 02 1300[名古屋本線東西直通60周年記念]・7020 名鉄一宮

2008年5月17日撮影 1300列車・7020 名鉄一宮

2018.05-水の国

2018年の撮影、早朝の水田に姿を映し名古屋本線を行く1700系。

そろそろ水鏡を狙うシーズンがやってきます。


1700 20180515 612・1703_3153 島氏永-国府宮

2018年5月15日撮影 612列車・1703+3153 島氏永-国府宮

2020.04-端午の節句

5月5日、端午の節句・子供の日です。

先月の撮影ですが、この御時世のためか元気よく泳ぐ姿がみられなかったのが残念でした。


3500 20200425 1140・3514 勝幡-青塚

2020年4月25日撮影 1140列車・3514 勝幡-青塚

2019.05-五月晴れの日

昨年の今日、撮影した豊川橋梁を行く1200系。

五月の声を聞くとなぜか行きたくなる撮影地ですが、今年は涙を呑んで自粛しています。


1200B 20190504 80・1114_1805 下地-船町

2019年5月4日撮影 80列車・1114+1805 下地-船町

1983.05-五月の風

1983年5月の撮影。

皐月の風に吹かれ伊自良川の築堤を行く510形、スカーレット単色だった頃の姿です。


510 19830525 902・512_523 尻毛-旦ノ島

1983年5月25日撮影 902列車・512+523 尻毛-旦ノ島

2004.11-600形

美濃町線の徹明町で発車を待つ団体運用の600形。

傍らのバスに比べ車体の幅の狭さがよく解るとと思います。


600 20041128 団1[才巧社] 606 徹明町 01

2004年11月28日撮影 団1列車・606 徹明町

プロフィール

kumapu9999

Author:kumapu9999
今まで撮影してきた名鉄電車の記録です。
勝手ながら画像の無断転用は固くお断りいたします。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR